top of page

討議資料お届けします!参考にして下さい。


たまむし通信番外編NO.2討議資料
.pdf
ダウンロード:PDF • 650KB

文書1.docx討議資料2023裏
.pdf
ダウンロード:PDF • 491KB

 6月16日ころにお手元に届く方もいらっしゃると思いますが、こちらで早くにご覧頂ければと思います。

 取り組み、実現させます!は町長選挙の時の9つの政策と9つには入らなかったものや町長選挙以降に気になっているものをふまえて、議員として今後の4年間に取り組みたいものを書き出しました。

 池田町政との兼ね合いで、実現可能なものと実現が困難なものがあると思いますが、特に、この7つは取り組みたいと考え、たまむしの7つの取り組みとしました。

 2期目の取り組みは、コロナウィルス感染症への対応が優先の3年間の中で、進めることが困難でしたが、この3年間は、私たちに新たな視点を気づかせてもくれました。

 その気づきを生かして、今後のこの町の未来、この国の未来、世界の、人類の、地球の未来のために今できることをして行きたいと思います。

 山火事にくちばしから水滴を1滴1滴たらすハチドリのようなことしかできないのかなぁとも思いますが、そんなハチドリでもたくさんいれば、違ってくると思います。

 投票も同じではないかと思います。何度も言いますが、声の大きな人たちや元気な人たちが、自信を持って持論を語るのを目にすると、自分の考えは間違いなのかとか、少数派なのかなと思いがちですが、本当はどうかわかりません。

 わたしたちは勢いのある人についていったら良いことがありそうとか、その人たちの仲間でありたいと思いがちです。どちらかと言えば、光の当たる場所にいたいと思いますよね。

 しかし、歴史を振り返ってみてください。そういう勢いが戦争に私たちを導いていったことも事実です。

 今回の議員選挙は町の進む方向、町の未来を左右する大事な選挙と感じます。それぞれが持っている貴重な1票を無駄にしないようにお願いします。



最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page