top of page

緊急事態宣言が解除されたので久しぶりに東京に行きました。その3



 数寄屋橋のバス停の写真です。上屋の奥行きは1メートルくらいでした。長さは長いです。バスの車体の長さも地元を走っているバスの長さとは大違いです。

 しかし、大磯駅前に作ろうとしている上屋の屋根の高さはきっとこれくらいだと思います。長さは半分くらいだとは思いますが。

 この広い銀座の町なかでのこのバス停の存在感を考えると、大磯駅前広場に上屋を4つ作った時の存在感や圧迫感はどれほどのものか想像して欲しいです。アルミの白っぽい銀色でもこれだけ存在感があるのですから観光案内板のようなこげ茶色の金属などを使用した場合のうっとおしさは半端ないと思います。

 駅前に屋根をつくるより、図書館の雨漏り直す方が必要でしょう。緊急性も図書館の方が上回っていますよ。緊急事態宣言発令中で図書館が休館時の大雨の日には図書館のあちらこちらに雨漏り対策のバケツが置いてあったと聞いていますが。

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page