top of page

福祉ショップ「あおばと」にて農福学官連携事業の新作パンを購入。





本庁舎の入り口付近にお昼に開店する福祉ショップあおばとで本日7月13日に新作パンの試行販売があるというという情報提供がありました。

 農福学官の連携事業。地域の農産物の地産地消という点で、JAのあさつゆ広場でジェラートに使用するために地場の果物や野菜を業者に発注して作ってもらっているペーストを提供してもらい、それを使ったパンを大学が持つ人材や知的財産を地域の地方創生に活かすという点で、産業能率大学の学生が考え、障がいをお持ちの方々が自信や生きがいを持って社会参画して活躍できるようにということで、素心会とかたつむりの家が大学生が考えたパンを新作パンとして製造販売。行政の関わり方としては販売場所の提供して支援をするということで、役場本庁舎のいつもの入り口の横で今日も販売でした。

 素心会の新作は湘南ゴールドクリームパン、湘南いちごクリームパンと湘南スイートポテトパイ。かたつむりの家は、かぼちゃのAnne、湘南ロール(3個入り)でした。全種類購入し、食べてみました。どのパンも美味しく食べやすかったですが、どれが一番おいしかったかと聞かれれば、湘南いちごクリームパンが新鮮な感じがして違和感なく食べられてよかったかなと思います。子供が好きそうな気がします。湘南ゴールドは少し苦みがある感じが少し大人向けかも。

 新作はどれも甘いパンでしたが、素心会のハード系のパンもおすすめです。かたつむりの家のパンではメロンパンがあると、ついつい買ってしまいます。

 しかし、福祉ショップあおばとはいつまであの場所なのでしょうか。請願から丁度5年、そろそろ今の場所は卒業させてあげても良いのではないかと思いますが。




最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page