top of page

町民活動推進補助金のプレゼンテーションを傍聴しました。



 5月22日(土)10時から令和3年度の大磯町補助金等評価委員会が開催されました。昨年はコロナウィルス感染症を考慮し、開催されていません。

 今年度に審査を受ける団体は下記の2団体でした。

1.「ふるさと回帰支援センター大磯」大磯移住・定住支援事業 希望額25万円

2.百人一首普及事業 希望額8万5千円

 評価委員から次々に出てくる質問がなかなか鋭く、私が気になっていたことも何点か質問されたりと、なかなか興味深い評価委員会でした。

 「事業の公益性」が一番のポイントの様です。

 希望価格が通るのか減額か、はたまた不採択か、結果が気になります。

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Commentaires


bottom of page