top of page

消防庁舎について


 築47年の消防庁舎の建て替えについては聞かないですが、3月定例会の令和4年度予算特別委員会では消防庁舎のことを心配する質問がたくさんありました。耐震補強のことを知らなかった頃は、地震の際に真っ先に消防庁舎はぶれるなぁとずっと思っていました。

 平成5年に耐震補強を行ってはありますが、いわゆるピロティ構造なので安心はできないと思います。

 令和2年度に外壁の修繕も行ってはいますが、「爆裂」という内部の鉄骨がサビによりコンクリートが押し上げることにより起きたものなので、応急措置の範囲を出るものではないと考えます。

 最近は水はけをよくする工事を行っているのか、消防署の前に水があふれる様子は見ていませんが、消防署の辺りは大雨の際は駅方面からの水の流れと役場方面からの水の流れの合流点でもあり、現在の場所にある限り、大雨の際には消防車も救急車も動かないのではないかという心配は消えないです。

 どこへ持って行ったら良いのかなどは審議会の中で話していくということですが。

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page