top of page

年年歳歳花相似たりではないです。


 大磯小学校敷地内に生えている線路沿いの白い山桜は毎年ソメイヨシノよりも早く咲きますが、何年も前に大きく枝を伐採してから、見上げて見ないと花に気が付きません。

 高校生の時にこの漢詩のフレーズを勉強してからは、道に張り出た桜の枝の下を「年年歳歳花相似たり歳歳年年人同じからず」と言いながら通り抜けていたものでした。今年もその季節が訪れたのですが、かつての枝はなく、昔の景色を思い浮かべながら通りました。

 好きだった景色はある日突然なくなります。「歳歳年年人同じからず」毎年人は同じではないのは勿論ですが、最近は花も同じではありません。枯れたり、人間の都合で伐採されたりと。好きな風景をスケッチすると記憶に残っていいのですが、腕も落ちているし、集中力もなくなっているので、なかなか簡単には描けません。せめて写真でも撮っておこうと撮影するので、写真がどんどん増えてしまっています。

 桜についてもいつか描きたいと思っているのですが、今年も描けずに桜の季節は通り過ぎそうです。あと何回チャンスがあるかな。

 

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page