top of page

台町の防災を考える会オンライン開催に参加しました。


 午前中に町では津波土砂避難訓練が行われ、午後に台町の防災を考える会がオンラインで開催されました。関係者以外の参加が少なかったのは残念でしたが、なかなか有意義な会であったと思います。

 町職員の竹内氏によるハザードマップの解説、事前の質問や、参加者の質問への的確な回答、馬場の伊藤氏によるSUUMOジャーナルで取り上げられた馬場の取り組みなどの説明、大磯中学校のPTA会長庄子氏と高沢校長による大磯中学校の体育館に併設のトイレの現状と課題についての写真を用いての説明、どの方の説明もわかりやすく参加者に実情が伝わったのではないかと思います。

 最後の西小磯西の神谷氏の発言が無ければ、良かったねで終わった様に思いますが、神谷氏の発言でこのオンラインイベント開催の意義というか理由にクエスチョンマークがついてしまったように思います。

 3地区合同の避難訓練の代わりがこのオンラインイベントなのかと思っていたのですが、西東の西小磯の方々の理解はそうではなかったようでした。

 台町の自主防災の開催ではありますが、区長の参加はありませんでしたし、そういえば、区長からのメッセージもありませんでした。西小磯の皆さんが参加して下さったものの、地区開催の正式なものというふうに考えていないとしても仕方ないのではないかと思います。

 いろいろ地区の間であるようです。前途多難感じ。災害が来ないようにとりあえずは祈っておこうと思います。

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page