top of page

今どきの新巻鮭はこんな感じ?



 「今日鮭が届くから受け取っといて」と夫に言われたものの寝坊をし、外をせわしく人が走る音が聞こえて焦って着替えをしているところに「ピンポーン!」宅配便で荒巻鮭が届きました。箱の形を見て「切らなくてはいけないのかなぁ」と思いながらも「冷凍便で~す」と言われたので「冷凍庫にしまわなくてはいけないんだな」と冷凍庫に向かっていたのですが、冷凍庫にしまう前にどういう形で届いたかを夫に報告するために写真を撮ろうと箱を開けていると、「切身」という文字に気が付きました。写真のように真空パックの切り身がたくさん入っていました。今どきだなあと思いながら、元のさかなの形に近づけて写真を撮ってみました。確かに1尾分の様でした。

 子どもの頃は神棚の脇に新巻鮭をむき出しでつるしていたことを思い出しました。お供えもむき出しでしたが、今は皆ビニール袋などに入っています。

 包装技術等科学の進歩によって身近で手に入れられるもの以外の多種多様なものを今は口にすることができていますが、ポリシーがなくてもプラスチックごみや温暖化などの環境問題解決のために今の食生活を手放すことができるのだろうかと思っていました。

 しかし、このところの大豆ミートなどの代替肉の報道を見聞きするところでは以外に人は順応していくのかもしれないと希望を持つようになりました。

 ですが、サプリメントなどではなく、形あるものをずっと食べていたいとは思います。

 包装材料も環境に負荷のかからないものを出来るだけ安価で提供できるように早くなってほしいものです。国は研究費を惜しまないでもらいたいです。


最新記事

すべて表示

9月定例会では議長以外全員が一般質問をします。 たまむしの質問は2日目の午後1時からです。 皆の通告の内容はpdfからご覧ください。 下の2つはたまむしの一般質問の際のパワーポイント資料と同じものです。 認定こども園問題の経過をご理解いただけるかと思います。

「リベラルな議会と思っていた大磯町議会で令和5年8月10日受理の陳情第8号の『現行の(紙の)健康保険証の存続を求める陳情』が机上配布になった」というお怒りの電話を受け、陳情の内容を見返しました。 委員会で審査することがふさわしくない内容ではないと思いますし、政府に対して意見書を提出して欲しいという点においても、私は意見書を提出の際には賛成していたと思いますが、今回は議会運営委員会で机上配布に決定し

bottom of page