top of page

今どきの公園の砂場事情



 平塚の公園で見かけた風景です。砂場に囲いがありました。猫は柵を乗り越えてまでしてこの中に入って用を足そうとは思わないでしょう。猿は開けられそうだし、上からも入れそうですが、用事はないかな。鳥は入れますが、止れる枝が砂場の上になければ、糞は落とさないかな。砂場で遊ぶ子供は扉を開け囲いの中に入って遊ぶということの様です。安心と言えば安心と言えるのかもしれない。





 大磯運動公園の新しいコーナー「ちびっこプレイパーク」に設置の砂場は砂が箱の中に入っていて、立って遊んだり、車いすに乗っても遊べるインクルーシブな砂場だそうです。蓋つきです。

 のらねこその他の動物のトイレにならないようにいろいろな形の砂場ができているようです。砂の材質や細かさもいろいろなので、遊び方も砂に合わせてというところでしょうか。

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page