top of page

デジタルサイネージを見に平塚へ行きました。







 駅前広場の展示説明会でデジタルサイネージについての写真があり、今まで深く考えていなかった「サイン」が実は「デジタルサイネージ」のことであったことを知り、平塚駅の北口の階段を下りたところにあるというので、見に行きました。

 一人の人が使っていると他の人は使えないというのはかなりなデメリット。使いこなせる人は少ないのではないかと思います。しばらくその場にいましたが、実際に使おうとしている人は見かけませんでした。気付いてもいない感じ。2500万円かけてこれはいらないかなと思います。大磯の場合は950万円としていましたが、雨ざらしの場所にはいらないと思います。

 平塚のデジタルサイネージの場合は、ナビタイムジャパンのWEBサービスを利用しているとあり、情報の正確性を保障するものではないとありました。経費が掛かりそうなうえ、正確でない情報ではいらないと思います。

 平塚駅の北口の階段下には点字の駅前広場案内図が設置されていました。そっちの方が必要ではないかと思いました。大磯町にもあるのでしょうか。

 大磯駅前広場整備のアンケート記入の際は参考にして下さい。

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comentarios


bottom of page