top of page

スプリングクルーズ2022と川場村との協定調印式。







川場村との地域活性化に向けた包括的連携に関する協定の締結式が4月9日に行われました。スプリングクルーズの11時の回で行われた後に、使われたことのない会議室でつづきの式典が行われたようです。外から大磯町と川場村の旗が見えていました。

 今回のクルーズは10時の回に乗船しましたが、とにかく揺れました。昨年はもっと後の回に乗船しましたが、つかまっていなければいけないほどの揺れではなかったように思います。2階にいたから揺れがきつかったのかもしれません。小学校の低学年くらいの少年が「途中から気持ち悪くなっちゃったよ」と言っていました。

 乗船のチケット購入時に渡された、観光協会の大磯の文字が印刷されている袋の中に入っていたものを並べてみました。

 ミニタオルとクリアーファイルに何年か前に採用されたロゴデザインが使われていました。やっと使ったのかという感じです。「9つの価値感」だったかな。ちょっと思い出せないですが、現在もその考えは続いているということですね。

 クリアーファイルの色が暗いのが残念!白の上に「さあ、大磯で君の物語を始めよう」の文字や9つのリングが印刷されていた方が文字やリングの色がきれいにはっきり見えて美しかったし、明るいイメージで良かったのではないかと思いました。

 本庁舎の3階に移住の窓口ができていましたが、このロゴを使うとイメージアップするのでは。


最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comentários


bottom of page