top of page

どっちが子どもは気づいてくれるでしょうか?



路面の表示はどれほどの効果があるのでしょうか。

上の写真は茅ケ崎市で見つけた路面標示で、下のシンプルなものは大磯町の子ども向けの路面標示です。

 わが子が幼稚園の時はこのマークのところでは一旦停止させていましたが、それは親と一緒だから停止していただけで、小学生の通学路に何か所かあるはずですが、私が月曜日の朝に見ている限りでは一旦停止する小学生は本当に少ないと感じます。

 路面の表示に気を取られ過ぎてはだめですが、路地から広い道に出る時、角を曲がるときは本当に気を付けて欲しいです。

 子どもの動き、行動を見ていると、ヒヤッとすることが多いです。何処もけがせず何もなく無事に育つのは奇跡に近いといつも思います。

 バス停で呑気にバスも待てないこの頃です。いろいろな表示や状況に気を配らないと命が守れません。楽しい情報にも気が付きません。ぼ~っと生きていてはいけませんね。

 

最新記事

すべて表示

3月定例会の一般質問について

大磯小学校体育館を使用して大磯小学校PTAとその会員有志?によって開催された3つのイベントから見えてくるPTAの在り方や昨年設置の地域コーディネーター、大磯式部活動などに対する町長や教育委員会の考え方を質問したつもりでしたが、質問に対して答えるのではなく、威圧感のある態度と大きな声で自身の考えを一方的に述べ、私の言ってることややっていることは「PTAに対する干渉だ!」と私を睨みつけたり、鼻で笑うよ

たまむし通信No.14やっとできました。

9月定例会と12月定例会の報告です。9月定例会は一般質問もこども園のことを質問したこともあり、大磯幼稚園の認定こども園化の経過についてが主な内容です。 めちゃめちゃ文字が多くなってしまったので、お時間のある時に読んでください。 新聞折り込みと駅などでの配布も行います。

Comments


bottom of page